心理学を応用してやる気を起こす!

くり返しになりますが、長きに渡る学習期間、それも通信講座という独学同様の個人学習で進めていく場合、もっとも懸念されるのが挫折です。そして、挫折の原因となるのが、モチベーションの低下に他なりません。そこで、最後に紹介したいのが、心理学のテクニックを応用したモチベーション向上術です。苦しい時こそ踏ん張りどころ。この技術を活用して合格を勝ち取って下さい

《やる気を起こす心理学応用テクニック》

その一、より具体的な将来像をイメージする
単に「○○資格を取る!」だけではモチベーションは上がりません。目的を具体的にイメージしてこそ思い入れが強くなり、それがやる気を起こさせるのです。例えば、宅建を目指すなら「宅建を取得して不動産業界に入り、5年後には営業でトップの成績を納め、将来は独立する!」など、より明確に将来像を描き出すことで、モチベーションは格段に向上するはずです!

その二、「私は○○資格を取る!」と宣言する
家族や友人、そして恋人にもはっきりと宣言することで、合格せざるを得ない状況に身を置きます。昔から「火事場の○ソ力」と言われるように、人間は退路を断った時ほど実力以上の力を発揮するものです!

その三、デッドラインを設けて学習する
つまり、制限時間を設けて学習するということ。その点、出社時間というリミットがある起床後の学習は、実に理にかなった方法といえます。なお、この方法は、上記の合格宣言同様に自らを背水の陣に追い込むことで力を発揮するもので、実際の心理学ではこの作用を「デッドライン理論」とされています。

その四、目的達成毎にご褒美を与える
報酬は最大の行動原理です。この「報酬理論」を利用するのがこの方法。例えば、「今日までにこの科目の学習を終わらせる」などと目標を設定し、それが達成できたら飲みに行ったり、撮り溜めたビデオが観られるなど、自分にご褒美を与える。こうした小さなご褒美の積み重ねることで、最終的には合格という大きなご褒美を手に入れるのです!

その五、やる気が出ない時は脳を興奮させる
実はやる気を意図的に起こすことは可能なのです。これは脳の「作業興奮」という作用を利用するもので、やる気とは脳の側坐核という場所で起こり、そのためにはある程度の刺激と時間が必要なのです。そこで、やる気が起きない日ほど無理矢理学習を始めることで、徐々に作業興奮が起こりいつしか学習に集中させるという脳のメカニズムを利用したもの。騙されたつもりでぜひ!

★★★ やる気を出す理論的ノウハウを提供する講座はコチラ ★★★