煩わしい復習はこう攻略する!

資格試験のみならず、すべての学習において知識を吸収し脳へ定着させるためには復習が重要なのはご存じのとおりです。また、資格試験合格者の多くも「くり返し復習することで、徐々にレベルが向上する」と明言しています。

しかしながら、同じ内容をくり返し記憶しなければならない復習は、誰であれ出来れば避けて通りたいと思っているのが正直なところでしょう。そこで、いかに復習が重要であるかを示した実験結果があるので紹介しましょう。

【学習時間と復讐時間の割合による記憶量の差異】

学習に費やした時間

復習に費やした時間

記憶した言葉の平均数

100%

0%

65個

60%

40%

98個

20%

80%

137個

これは、ゲイツという科学者が15歳の学生を対象に行った実験で、全員が同じ時間で意味のない言葉を覚えさせたものですが、学習と復習にかけた時間の比率を変えた結果、復習に費やした方がより記憶できることがわかりました。
また、復習した場合、復習しない学習に比べ、4倍もの効果が現れたとする別の研究結果も存在しています。これら研究結果により、いかに復習が大事であるかを理解していただけたかと思います。

メリットだらけの復習システムとは!?

確かにテキストをくり返し暗記する復習方法は、かなり苦痛です。そこで、活用したいのが、先の学習スケジュールや学習時間捻出法を提案している、某通信講座の復習システムです。これは、テキストではなく過去問などの演習問題により反復学習する復習方法なのですが、様々なメリットがあるようです。

まず、一つめが問題へとチャレンジすることで挑戦意欲が増し、飽きずに復習ができるということ。二つめが間違いという失敗を繰り返すことでより記憶が正確かつ確実に定着すること。そして、三つめが過去問にくり返し挑戦することで解答スピードが向上することです。1問あたり1~2分程度で解き進めなければならない本試験では、正確性に加え解答スピードが重要となります。

★★★ 効果的な復習システムを提案する講座はコチラ ★★★

次のページ >>