間違いない通信講座選び

お勧めの学習法を通信学校講座の受講としました。とはいえ通信学校といっても多種多様。得に初学者の方なら、どの講座を選んで良いのかわからないということもあるでしょう。そこで、このページでは、申し込んでから「失敗した!」とならないための、通信講座選びのポイントを紹介したいと思います。

《失敗しない通信講座選びのポイント》

POINT1:講座の合格率が全国平均を上回っているか?
いかに格安で知名度のある講座であっても、合格率が低ければその講座を選ぶべきではありません。まず、確認すべきは受講する講座の合格率です。毎回、試験後に主催団体が発表する全国平均の合格率と比較し、それを上回る合格率を達成している講座を選択すべきです。

POINT2:コストパフォーマンスの良い講座か?
○万円以内など受講料の上限を設定するのは当然ですが、安さだけで講座を選んではいけません。検討すべきは、受講料に対する教材やカリキュラムの充実度。つまりはコストパフォーマンスです。これも、複数の講座の授業料と提供されるカリキュラムをじっくり比較すれば一目瞭然です。そのためには、サイト情報のみならず、ちゃんと資料請求して比較することが重要です。

POINT3:わかりやすいテキストか?
独自で学習を進める通信講座は、テキストのわかりやすさが生命線。特に初学者には、試験の出段範囲が網羅され文字が羅列された旧来型の〝満点主義〟テキストでは敷居が高く、学習意欲を削いでしまう可能性があります。求めたいのは、近年の出題傾向を反映しポイントを絞った効率的な編集と、カラーや図解で初学者でもわかりやすく構成された、いわば〝合格主義〟のテキストです。また、軽量でコンパクトな形状ならば持ち運びにもストレスはなく、常にバッグの中に携帯し外出先でも学習することが可能です。

POINT4:講義メディアは標準付属か?
資格学校同様に、プロ講師からの講義が受けられるCDやDVDのメディア講義は、今や通信講座の必須アイテム。しかし、講義メディアのクオリティも講座により様々。通常の受講生の前で行った講義をそのまま収録したものでは、講師の板書時間がそのまま収録されていたり、カメラ前を受講生が横切ったりと、集中して視聴できない場合も。望むべきは、通信講座受講生専用に収録された講義メディアを、オプションではなく標準付属された講座を選びたいものです。もちろん、画質や音声にこだわりのあるメディアならなお良し! です。
POINT5:受講生本意のサポート体制か?
テキストのわかりやすさ同様、通信講座のキモとなるのがサポート体制の充実度です。通信講座は学習形態としては独学同様の個人学習となるため、もっとも懸念されるのが学習途中での挫折です。学習の進め方やスケジュールの立案をはじめ、やる気を出し挫折しないためのノウハウを提供する学習ガイド本はもちろん、疑問点を解決してくれる無料の質問サポート体制がしっかりと整っている講座を選びましょう。また、質問サポートの無料対応回数も検討ポイント。より多くの回数を無料で対応してくれる講座なら嬉しいですね。

★★★ すべての条件を満たす講座はコチラから! ★★★

次のページ >>