独占業務を持つ資格とは

前ページで、本来はお勧めできない資格ありきの転職も、資格によってはアリと述べました。そして、そのキーワードは〝独占業務を持つ資格〟と言いましたが、この「独占業務」とは、いかなる業務なのかを説明しましょう。

独占業務とは、ある特定の業務において、特定の資格(免許)を取得している者だけが従事可能な業務のことで、その資格を取得していなければ、該当する業務を行うことが禁止されていることを言います。

また、独占業務を行うことが可能な資格を「業務独占資格」といい、医療行為を行うことが許された医師資格はその代表的資格です。なお、身近なものでいえば、公道における自動車の運転を許可する運転免許も、業務独占資格のひとつといえます。

つまり、その資格が業務と直結する必須の要素であるため、資格ありきの転職もアリということなのです。しかし、業務独占資格には、医師や弁護士(司法試験)を筆頭に難易度の高い試験ばかりで、サラリーマンの転職という現実に即していないと考えてはいませんか。もし、そうであるなら少し情報収集が足りないと言わざるを得ません。

取得が現実的な業務独占資格も!

業務独占資格には、医師や弁護士といった転職というレベルではない取得難易度の高い資格ばかりではありません。一般のサラリーマンの方でも頑張って学習すれば十分に手が届くどころか、最短の学習時間による1発合格も不可能ではない資格があるのです。

そして、業務独占資格は取得者でなければ扱えない業務を持つ、いわば〝仕事を産む資格〟。つまり、キャリアを補うに余りあるスキルであるといえるのです。となれば、転職にも抜群の威力を発揮すること必至。キャリア替え転職を有利に進めるには、業務独占資格の取得がもっとも効果的なのです。

そこで、次ページでは一般のサラリーマンでも取得することが可能な、注目の業務独占資格をはじめ、業務独占資格ではないものの対象の業務を行う上で必須となる、転職時に有利に機能するお勧めの資格を紹介したいと思います。

次のページ >>


>>転職に役立つ資格だけを集めた専門サイトなら<<