資格取得の落とし穴/転職編

待遇面での不満や人間関係のもつれに異業種・異職種への転換など、転職には人それぞれ理由があることと思います。そして、転職を希望する人の多くが、その活動を有利に進めるべく資格の取得を検討しています。

しかしながら、資格取得が転職の成功に直結するかといえば、そうは断言できません。なかには、難関資格を取得したものの転職活動が上手くいっていないという人や、取得した資格が全く意味を成さなかったという人も存在します。

なぜこうしたことが起きるのでしょう。原因の多くは〝資格ありきの転職〟にあります。つまり、「とりあえず資格でも取っておけば簡単に転職できるだろう」という、資格を取得すること自体が目的となっているのです。目的は転職であり、資格は転職を実現するための手段であることを肝に銘じて下さい。

また、学生が就職のために希望業種にニーズのある資格を取得したならば、そのモチベーションを含め企業は高く評価することでしょう。しかし、転職の場合そうはいきません。企業が中途採用者に求めるのは、スキル(資格)よりもキャリア(経験)です。これはどの企業であれ、絶対的な条件です。

自分を魅力的に見せる資格を持つ

しかしながら「資格は転職に機能しないのか…」と考えてしまうのは早計です。資格は、間違いなく転職という目的を達するために有効に機能する手段となり得ます。そのためには、転職を有利にする資格、つまり、企業側にとって自分を採用すべき魅力的な存在に見せてくれる資格を取得すべきなのです。

では、どの資格が自分を魅力的な存在に見せてくれるのか……。当然ですが、それはあなた次第です。あなたのキャリアはもちろん、望みの転職先はあなたにしかわかりません。このサイトにできること、そしてその目的は、あなたを魅力的に見せる資格のヒントを紹介し、取得のお手伝いをすることです。

コンテンツには、転職の根本的な考え方をはじめ、転職に有利な資格の紹介。そして、最短で資格を取得するための学習法や、心理学を駆使したモチベーションの向上術など、転職と資格に〝効く〟様々な情報を提供していきます。このサイトを通じ、みなさんが自分を魅力手に演出してくれる資格と出会い、そして、その資格を取得することを願っています。

次のページ >>


>>転職に役立つ資格だけを集めた専門サイトなら<<